車 買取書類

車の買取に必要な書類

■自動車検査証(車検証)
車検証は、常に車内に置いておく事が義務づけられています。
もし万が一、紛失した場合は、早急に近くの運輸支局で再発行の手続きをしましょう。

 

■自動車税納税証明書
毎年5月末までに納める自動車税納税証明書は、車検を受ける時に必要な書類です。
もし万が一、紛失した場合は各都道府県の税事務所にて再発行してもらいましょう。

 

■実印
購入時と同じく、車を売る時も委任状や譲渡証明書に捺印する印鑑は実印になります。
実印は、住んでいる市区町村への登録が必要です。

 

■印鑑証明書
印鑑証明書とは、登録印鑑が地方公共団体に登録されているものであることを証明する書類のことです。
3カ月以内に発行された印鑑証明書が必要となります。

 

■自賠責保険証
車検ごとに次回車検時までの加入手続きを行う、すべての自動車に加入が義務付けられている加入証明書のことです。
自賠責保険証がなかったり、期限が切れていたりすると車を売却することができません。
もし万が一、紛失した場合は加入した保険会社に再発行してもらいましょう。

 

■リサイクル券
自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明するリサイクル券が必要です。
万が一、紛失した場合は自動車リサイクルシステムホームページにて「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトするとリサイクル券の代替として使えます。

 

■委任状
売却する車の名義変更手続きに必要となります。
書類には実印を押します。
陸運局に行けば無料で関係書類一式もらえます。
もちろん、買取業者にお願いしてももらえます。

 

■譲渡証明書
車を譲渡することを証明する書類です。
委任状と同様に、実印を押します。
陸運局に行けば無料で関係書類一式もらえます。
もちろん、買取業者にお願いしてももらえます。

 

■住民票
車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合に必要となります。
この時、何度も引っ越しをしていると、すべての住所がつながるような形で各市区町村への転出届と転入届が必要になるため、とても面倒です。
引っ越ししたら、きちんと車検証も住所変更しておくことをオススメします。