車 買取 下取り

車の買取と下取の違い

車の下取り金額、もしくは買取金額によっては、次の車の購入計画にも大きく関わってくるので大切な問題だとおもいます。

 

「車の買取と下取りはどこが違うのか?」

 

・下取りとは、車を購入する際、それまで乗っていた車を次の購入車の販売店に買い取ってもらうこと。

 

・買取りとは、車の買い替えの際の売却ではなく、車を売る目的だけに行うこと。

 

です。

 

そして10年くらい前なら、それまで乗っていた車は次の車の購入時に販売店で下取りをしてもらうのが常識でした。

 

しかし、今では買取店で査定してもらうことが一般的になってきているのはご存知でしょうか?

 

以前と違い、「車を売却=車の下取り」ではないからです。

 

またその理由は単純で、ほとんどの場合、下取りよりも買取専門店のほうが高額な査定金額が提示されるからです。

 

なぜ下取りよりも買取店のほうが高く売れるのか? その理由も単純です。

 

それは買取った車が現金化されるまでの流通経路が確立していて、下取りシステムよりも簡単に利益が確定できるシステムだからなんです。
下取りではかかってしまう流通コストの削減によって、査定金額に還元しているということなのです。
もちろん、ほかにも様々な要因はありますが、下取りと買取査定では価格に格差は付いてしまうのです。
そんな差が出る要因も知っているのと知らないのでは、大きく違いが出てくると思います。

 

つまり、

 

まず下取りをするにしても、買取依頼するにしても、

 

第一に知っておかなければならないこと、それは愛車の買取価格相場です。

 

まずは今の愛車の査定額を調べることから始めましょう。